ケーブル・アワード2022でベジコーラが準グランプリを受賞!

毎年、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が全国のケーブルテレビ局の中から、優れた地域貢献活動やコミュニケーション活動を表彰する「ケーブルアワード2022・ベストプロモーション大賞」で、ベジコーラを通した地域活性化の取り組みが準グランプリを受賞しました。

東京国際フォーラムで行われた贈賞式

クラフトコーラ界に衝撃!! 野菜を使ったコーラ「ベジコーラ」

ベジコーラは、コロナ禍でレタスが飲食店に出荷できなくなったことをきっかけに誕生しました。埼玉県の新たな名産づくりを視野に入れ、レタス飲料の商品化をさいたまコーラで知られるときがわブルワリーに打診。試作の末、毛呂山特産の香り高い桂木ゆずと独自のスパイスをミックスすることで、えぐみのない工場野菜の特徴を生かした独創的なコーラが完成しました。毛呂山町特産の「桂木ゆず」とスマイル農場の野菜をミックスしたクラフトコーラです。

その後、埼玉県新商品アワードで入賞。ケーブル・アワードでも、驚きの企画とのことで準グランプリを受賞しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。